色彩と質感の地理学-日本と画材をめぐって

芸術色彩研究会とは

芸術色彩研究会(芸色研)は、芸術表現における色彩の研究を、狭義の色彩学に留まらず、言語学や人類学、科学、工学、認知科学など様々なアプローチから行います。そして、色彩から芸術表現の奥にある感覚や認知、感性を読み解き、実践的な創作や批評に活かすことを目指します。
ここで指す色彩は、顔料や染料、あるいはコンピュータなどの色材や画材だけではなく、脳における色彩情報処理、また素材を把握し、質感をもたらす要素としての色彩、あるいは気候や照明環境など、認知と感性に大きな影響を及ぼす色彩環境を含むものです。それは芸術史を、環境と感覚の相互作用の観点から読み直すことにもなるでしょう。

芸術色彩研究会発足のお知らせ <プレスリリース/ pdf 1.2MB / 2018.03.01>

トークイベント京都編開催

色彩と質感の地理学-日本と画材をめぐって<京都編>
同日開催:日本画材工業会主催 画材相談会
日時:2018年11月17日(土):13:00-15:00 芸色研トーク 15:00-17:30 画材相談会
会場:京都芸術造形大学 ギャルリーオーブ 吹き抜け
企画 芸術色彩研究会
共催 伝統文化イノベーション研究センター(K‌Y‌O‌T‌O‌T5)、日本画材工業会
協力 京都技法材研究会

<登壇者(芸術色彩研究会)>
中村 ケンゴ(美術家)
三木 学(文筆家、編集者、色彩研究者、ソフトウェアプランナー他)
岩泉 慧(美術家、京都造形芸術大学講師、画材ラボPIGMENT 所長)

色彩と質感の地理学-日本と画材をめぐって<京都編>
フライヤー PDF表示

トークイベント記録公開

2017年4月29日に、天王洲にある伝統的画材を取り揃えるPIGMENT(ピグモン)にて開催されたトークイベント、「色彩と質感の地理学-日本と画材をめぐって」の記録を公開しました。是非、様々 なご意見をお寄せください。この企画の続編も同会場にて開催予定です。

「色彩と質感の地理学-日本と画材をめぐって」

メンバー

  • 中村 ケンゴ
    Kengo Nakamura

    美術家。現代社会を表象するモチーフから、美術史上のさまざまなイメージまでをも用いたユニークな絵画を制作。国内外の展覧会、アートフェアに多数出品。展覧会、シンポジウムなど、アートプロジェクトの企画運営にもあたる。共編著『20世紀末・日本の美術ーそれぞれの作家の視点から』(アートダイバー)。多摩美術大学大学院日本画専攻修了。
    http://www.nakamurakengo.com

  • 三木 学
    Manabu Miki

    文筆家、編集者、色彩研究者、ソフトウェアプランナー他。 独自のイメージ研究を基にした編集、執筆、ソフト開発、ライセンス・マネジメント等を行っている。共編著に『フランスの色景』、『大大阪モダン建築』、ヤノベケンジ『ULTRA』(すべて青幻舎)などがある。画像色解析システム『Feelimage Analyzer』(ビバコンピュータ株式会社)で「マイクロソフト・イノベーションアワード2008 優秀賞」、「ソフトウェア・プロダクト・オブ・ザ・イヤー2009」受賞。音楽自動生成スライドショーシステム『PhotoMusic』ディレクター。「あいちトリエンナーレ2016」コラムプロジェクト『アーティストの虹-色景』ディレクター。

  • 岩泉 慧
    Kei Iwaizumi

    美術家、京都造形芸術大学講師、画材ラボPIGMENT 所長。 2015年に絵画表現における膠使用方法の論文で博士号を取得。PIGMENTや京都造形芸術大学にて膠を基点とした様々な画材の研究、指導を行いながら、物質存在に関する作品により作家としても活動を続けている。